Copyright © 2018  HOPE Project  All Rights Reserved.

明子さんのピアノ

このピアノは、1926年 アメリカBaldwin社で製造されました。
ロスアンゼルスで生まれた少女 河本明子さんが愛用していました。


1933年(昭和8年)河本源吉・シヅ子さん夫妻と共に広島に移り住みました。


1945年(昭和20年)8月6日 原爆投下。建物疎開の作業中に明子さんは被爆し、翌7日夕方19歳の生涯を閉じました。病名は「急性放射能障害」でした。

ピアノも爆風により、多くのガラス破片で傷つきました。


2005年(平成17年)8月、調律師 坂井原浩氏によって困難な修復作業を終え、被爆60周年祈念「被爆ピアノ・チャリティコンサート」が開催されました。


以来 「明子さんのピアノ」は、あの日の出来事を現在へ伝える貴重な「被爆遺品」として、平和の調べを奏でています。

 

2015年8月7日 マルタ・アルゲリッチ氏が試奏


2017年2月15日 シャルル・リシャール=アムラン氏が献奏その平和への調べは、4月16日にNHK国際放送局から、世界へ発信されました。

2017年8月4日 ピーター・ゼルキン氏が献奏

2018年2月17日 ベンジャミン・フリス氏がピアノリサイタルにて「明子さんのピアノ」で演奏

2018年3月3日 アルゲリッチ氏とゼルキン氏のチャリティCDを同時発売

2019年 広島(8月6日)と長崎(8月9日)にて、ピースボート船上コンサートを開催萩原麻未さんが被爆ヴァイオリンを弾く成田達輝氏と共演

2020年「明子さんのピアノ」をモチーフにしたピアノ協奏曲(藤倉大氏委嘱)をアルゲリッチ氏と広島交響楽団の共演によって世界初演決定!

一般社団法人「HOPEプロジェクト」は、被爆したアメリカ製(Baldwin社製造エリントン)のピアノを、明子さんのご遺族から譲り受け、保管しています。

牛田中学校PC放送部による作品「ショパンを愛したピアノ」

"The Piano That Loved Chopin”

「ショパンを愛したピアノ」の英語吹き替え版

NHK world Japan 〜2018-08-07

Akiko's

PIANO

Akiko's

PIANO